第6回こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>今年は月に1度の小さな映画祭開催します!

いよいよ来月が映画祭!10月21日こども実行委員会レポート



いよいよ10月26日明後日に記者会見が迫ってまいりました。映画祭への課題もたくさんあがってきています・・・!さて、そんな中行われたこどもワークショップ。今回も運動会があって休みの子が多かったのですが、大人もこどもも各自もくもくと協力しあって進んでいました!そのレポートをボランティアスタッフのニッシーさんにレポートしていただきました!

10月21日こども実行委員会

日時:10月21日(日)12:00-15:00

会場:若狭公民館第一研修室

参加者構成:こどもスタッフ17名、大人スタッフ17名くらい

 

当日の流れ:

アイスブレイク

各グループに分かれて映画祭準備作業

制作・技術チーム 上映前の動画撮影

広報チーム スタッフへの取材と記事の話し合い

受付・誘導チーム 本祭のお客様の流れ確認

装飾チーム 会場の巨大ポスターのラフ案作成と映画キャラクターに吹き出し付け

司会チーム アナウンス内容とタイムスケジュールの確認

〜おやつタイム〜

オープニングセレモニー 流れの確認

アンケート・撤収

 

10月21日は秋晴れの日曜日で絶好の行楽日和!でもKIFFOこどもスタッフは屋内でせっせと第5回KIFFOこども国際映画祭の準備です。

なんと!開催まであと1ヶ月を切ってます!いつのまに。。。

今年から会場がパレット市民劇場に変わり、初めて割引券制度を導入!

例年との違いに、お客様の動線をどうしよう?と大人スタッフが集まって緊急会議中も、黙々と受付に必要なアンケートボックスやプレゼント申込ボックスをかわいく装飾するこどもスタッフたち。

上映作品の画像素材を切りぬいて、「この映画見たい人、手をあげてー」など、おお!ぴったり!な吹き出しをつけてたり。

映画上映前の「携帯電話の電源を切ってください」などの注意動画もこどもスタッフが撮影しました。

ワイワイがやがや楽しく動画撮影してるそばで、当日の段取りや映画上映前のアナウンス内容をしっかりメモして、たんたんとアナウンスの練習をするこどもスタッフ。

そんなこどもスタッフたちを取材する広報のこどもスタッフ。

このブログ担当の私よりよっぽどちゃんと取材&メモしていて、勉強になりました!

毎年、思うのですが。

日ごろ、あまりこどもとかかわり合うことが少ない自分。

おーい、人の話、聞いてますかー。

むむ。なぜがんまりー(ちょっかいだし)するのさ。なんのためによ。仲良くサクサク作業しようよ。

うお!いきなりの不機嫌。どうした?

など。

こどもって大人と違ってこどもなのね、と、当たり前のことにビックリします。

学校の先生やお父さんお母さんって偉大。ほんとに。

 

でも、こどもだ、子供だと油断してると、想定外に大人っぽいコメントがとびだしたり。

去年は人見知りで「声、聞いたことないなぁ」と思ってた子が、みんなの前で元気よく大人スタッフのモノマネを披露したり。

成長ってこんなに、キラキラ眩しいのか!貴重な瞬間見せてもらってるなぁ。ありがとう。

と感謝&こどもってすごいなぁをもらっています。

こどもスタッフが、一生懸命作り上げてる、こどもによる、こどものためのこども国際映画祭。

たくさんの人に来てもらいたいねぇ。

映画はココロの栄養だ!
第5回こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>
料金:1作品500円(前売)700円(当日)
場所:パレット市民劇場
日時:2018年11月16日(金)前夜祭
11月17(土)18(日) 映画祭本祭

上映作品と日程前売り券発売中賛助会員になる

こども審査員募集中!60秒作品募集中!

こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>は、

小中高の多感な時期に映画を通じて世界を感じ、

「好きなもの」を通じて異年齢のこどもたちが世界を広げることを目的とした、

こどもが中心の映画祭です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA