WORKS

「心(ククル)を込めたビジョンのあるものづくり」

ククルビジョンは沖縄県出身の映画監督宮平貴子が「沖縄を世界へ」をモットーに世界に羽ばたく映画会社として設立。行政支援と民間出資をえてプロデュースされました映画「カラカラ」(クロード・ガニオン監督)はモントリオール世界映画祭で正式部門2部門受賞の快挙となりました。

2014年に設立したこども国際映画祭in沖縄<KIFFO>は、小さい頃の多感な時期に映画を通じて世界を知り映画祭活動を通じてこどもたちが様々なことに挑戦することを目的にしています。今は、大人が学ぶこどもの主体性を伸ばす講座や、性教育講座など、人生で大切なことをタブーにしないで伝える活動をしています。

また、近年では、周年の特別番組やテレビ番組の構成台本演出など様々お声掛けいただいています。人生を疑似体験する映画は、様々な芸術要素が複雑に絡み合う総合芸術ともいわれています。ククルビジョンのもつ企画・脚本・構成・撮影・編集などのノウハウ映像を通じた「伝えたい」をお手伝いいたします。

こちらでは、過去の実績を最新順に並べております。ぜひご覧ください。

企業団体の周年映像/Movies for anniversary

那覇青年会議所60周年記念映像 /製作:株式会社宣伝/制作進行,演出補:神谷邦昭(ククルビジョン)/原稿執筆,演出,編集:宮平貴子(ククルビジョン) /2019年7月琉球放送にて放映

短編映画/Short Films

「クソッたれの青」ドラマ/20分/カラー/2019/原作,脚本,監督:神谷邦昭(ククルビジョン)

「わたしの宝もの」ドラマ/19分/カラー/2015 脚本,監督:宮平貴子(ククルビジョン) 沖縄県フィルムツーリズム推進事業

映画祭運営/Film Festival Management

小さい頃の多感な時期に映画を通じて世界を感じ、異年齢のこどもたちが「映画が好き」ということで様々なことに挑戦氏、世界を広げることをモットーに2014年にこども国際映画祭in沖縄<KIFFO>を設立。現在、事務局長を神谷邦昭が担い、実行委員会の主幹となって継続しています。

映像で伝える個人史/Movie for Your life story

[近日公開]サービスについてはこちらを御覧ください。

コミュニティ/Community

「生活しながら映画する」

地方にいながらにして映画製作を続けるには?を追求する映画好き・映画作りが好き・生活を大事にしたいひとのためのコミュニティ

アニメーション/Animation

「沖縄空手御庭」2018/劇中アニメーション担当:宮平貴子

講演・ワークショップ開催(KIFFO関連含む)/Workshops or Talk event.

「境界線講座」講師:徳永圭子 

「おしゃべり会サポート講座」講師:翁長有希

「60秒動画ワークショップ」主催:KIFFO実行委員会

「弱さこそ人間の強み」講話:宮平貴子

「人生と映画の共通点」TEDxRYUKYU 2013 登壇:宮平貴子

長編映画/Feature-length films 

「カタブイ-沖縄に生きる-」2015/ドキュメンタリー/80分/カラー/監督:ダニエル・ロペス/スイス-日本共同製作/沖縄コンテンツサポート/台湾New Narrative Cinema Festival ・Nippon Connection にて上映/共同プロデューサー宮平貴子(ククルビジョン)

「百日告別」2014/ドラマ/分/カラー/監督:トム・リン/日本台湾共同製作/沖縄コンテンツサポート/海外映画祭で多数受賞/共同プロデューサー宮平貴子(ククルビジョン)

「カラカラ」ドラマ/105 分/カラー/2012/監督:クロード・ガニオン/日本カナダ正式共同製作/沖縄文化等コンテンツファンド支援作・沖縄コンテンツサポート/世界開ける視点賞, カナダ観客賞,第36回モントリオール世界映画祭/共同プロデューサー ヨシムラ・ユリ・ガニオン,宮平貴子(ククルビジョン) /

「アンを探して」2009/ドラマ/110分/カラー/共同脚本, 監督:宮平貴子/最優秀作品賞・監督賞第5回アジアン・フェスティバル・オブ・ファーストフィルムズ(シンガポール)/委託販売(ククルビジョン)