[入場無料]2020年2月8日(土)琉球新報ホール第6回こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>のスペシャルイベント開催!

日本初公開イラン映画「自転車」上映&60秒動画コンテスト結果発表など2/8(土)KIFFOスペシャルイベント開催のお知らせ[入場無料]

イラン映画「自転車」のいち場面

2020年2月8日KIFFOスペシャルイベント開催
2020年2月8日(土)琉球新報ホールで第6回KIFFOのスペシャルイベントを開催

映画を通じて世界を感じ、映画祭運営を通じて世界を広げる映画祭KIFFOは皆様の応援のおかげで2019年5月より活動をスタートし、6月より「月に一度の小さな映画祭」を開催してきました。

今年も、沖縄のこどもたちの心に響くような、世界の映画を紹介したい、という思いから、イランの映画「自転車(Douch)」を日本初公開作品として上映します。

また、映画上映前にはこども審査員とこども司会による60秒動画コンテストを開催します。(応募したい方に朗報→ 12/31まで〆切延長しました

当日のイベントスケジュール

日にち:2020年2月8日(土)

時間:12時半開場 13時開演 16時頃終了予定

料金:入場無料

*当日来場OK!但し、事前申込みされた方を優先入場とします。

事前申込みはこちらより

場所:琉球新報ホール

第1部 こども司会&審査員による60秒動画コンテスト結果発表

第2部 映画「自転車(DOUCH/イラン/78分)」日本語吹き替え上映

*上映終了後 矢島晶子さん他沖縄の声優さんを交えての舞台挨拶あり

備考:館内は飲食不可

支援:公益財団法人 沖縄県文化振興会

映画詳細

映画「自転車(DOUCH/イラン/78分」日本語吹き替え上映

監督 アミール・マッシュハディ・アッバス

ものがたり:少年ゴラムレザは、ヒミツの約束のために自転車レースに勝たなければいけない。そのために新しい自転車がほしかったが、家が乏しくて買えない。親友アリレザの助けで隣村の90才のサナンバーおばあさんに文字を教え、読み書き推進委員会から報奨金(ほうしょうきん)をもらおうとするが…?教えることを通じて、知らなかったおばあさんの人生を学ぶ二人の少年たち。イランから届いた素敵な物語。

ゴラムレザ少年(左)と親友アリレザ(右)
頑固者として知られるサナンバーおばあさんに文字を教えることができるのか…?!

イランの映画「自転車」(原題:Douch)は、イランの公用語・ペルシャ語の映画です。小さなこどもでも理解ができるように、今年も日本語吹き替えで上映します。その日本語吹き替えを行ったのは沖縄の役者さん、声優さんたちです。今年は過去最高の130名の応募がありました。激戦のなか第一次オーディションをえて、以下の声優さん役者さんが選ばれました。

  • ゴラムレザ役:棚原奏さん
  • アリレザ役:森脇流奈さん
  • サナンバー他:加藤明佳さん
  • カリーム他:矢島晶子さん
  • ファーディン/ジャムシディ他:幸地松正さん
  • ゴラムレザ父ミカエル他 伊佐謙吾さん
  • キルト職人マッシュアッバス他:比嘉恭平さん
  • ゴラムレザ母他:宝眞榮日也美さん
  • ゴラムレザ妹他 湧川美空さん
  • 羊使い:末広尚希さん
台本読み合わせの集合写真

11月に台本の読み合わせを行い、12月14日の朝9時から夜9時まで、長丁場の収録をがんばりました。声優の皆さんも、イランの映画「自転車」に流れるペルシャ語の独特のリズムを日本語に変換しながら、とても楽しんで吹き替えをしてくださいました。

収録の様子

2月8日の「自転車」上映後は、ベテラン声優の矢島晶子さんを交えて声優の皆さんの舞台挨拶もあります。こどもにもわかりやすい、日本語吹き替え上映でみる映画「自転車」ぜひお楽しみに!

こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>は、

小さい頃の多感な時期に映画を通じて世界を感じ

「好きなもの」を通じて異年齢のこどもたちが世界を広げることを目的とした、

こどもが中心の映画祭です!

賛助会員募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA