5.15の琉球新報マンガdeエイガは自粛生活と「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」です

自粛期間いかがお過ごしですか?ククルビジョンも例にもれず昨年から徐々にふえてきていた映画以外のCM撮影のお仕事や、映画祭企画に関するものが一挙にキャンセルになり、2階に借りていた事務所も解約、一時期は「廃業」の文字も頭に浮かんだほど、全く読めない状態でした。

なんとかセーフティーネットの申請が間に合い、今は少し落ち着いています。

でも、前向きに考えるというか、どちらかというとできないことが増えたおかげで(?)やっと立ち止まって、集中して、シンプルに残りの人生で自分が何をやりたいのか、突き詰めて考える時間をもてた、と、そんな感じがしています。

マンガdeエイガは、仮設映画館で上映されていた「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」を取り上げました。体当たりで取材、と公式ページにありますが、ストーリーテリングは意外とスローテンポで、危機的な状況を煽る感じではない。むしろ優雅すぎるぐらいですが「ほんとにこんな大事なことで企業や国が嘘を付くの?」と懐疑的な視点をいれてるからなんだなと思います。それゆえに、パーム油畑の焼きはらわれたジャングルの残骸のシーンは、ショックが大きかった。日本のスーパーでも売ってるパーム油由来の洗剤多いですから他人事ではないですね。ぜひ観てほしい作品です。

個人的には、ククルビジョンも以前から取り組んでいた配信事業も力をいれようと思いWORKSのページを整理して見やすくしました。無料作品は那覇が舞台の映画「わたしの宝もの」です。この機会に楽しんでいただけると嬉しいです。

この記事を書き終わってから、桜坂劇場が営業再開のニュースをきき嬉しい!

もし映画館に行く方は、「さよならテレビ」も必見です。マスメディアの意味を考えさせらる内容でした。4コマは相変わらず、おとぼけです!ぜひマンガdeエイガ、御覧くださいね。

不安定の安定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA